Blog,  Yoga,  ゆきのこと,  ヨガ養成講座

【夢】RYT200を山口県に根付かせる



私の夢を語らせてください






2021年3月から、私のサロンでは
全米ヨガアライアンス指導者資格
通称「RYT200」の
基礎コースを開講します✨


今日はなぜRYT200コースを
開講しようと思ったか
お話ししていきます☺️







夢の話に入る前にヨガの資格のお話💡



ヨガにはいろんな民間資格があって

通信講座で取れるものや
ヨガスタジオの研修で取れるもの
○○ヨガ修了証といった、即日発行されるものなど

本当に、限りなく、たっくさんあります。





その中でも、今回取り上げている
RYT200というのは

全米ヨガアライアンス認定校のみで
取得することのできる
国際的なヨガの指導者資格です






決められたカリキュラムに沿って

ヨガの歴史や哲学
体を扱う上で絶対に必要な解剖学や
目に見えないチャクラや
パンチャコーシャのお話しなどなど…

何時間もかけて
ヨガの本質を徹底的に学び
一定の質を保った教育を受けた証が
RYT200です




でも、この資格を持っている人って
そんなに沢山はいない


なぜ少ないかというと
運転免許とは違い、


持っていなくてもヨガを
教えることができるから💡



ヨガの歴史や哲学を知らなくても
ヨガを教えることはできるんです
※逆に、後から学ぶこともできる💡



私自身、月2回の公民館ヨガを
2年続けたのち

ヨガで受け取った心地よさを
皆さんに伝えたい!

と、森本先生に



「先生みたいな
ヨガの先生になりたいんです!
普通のヨガは無理だけど
マタニティヨガならできそう!
どこで学んだらいいですか?」



と、食い気味に聞きました
(いつも前のめり)



すると、先生は



「マタニティヨガだけ
切り取ったヨガを学んでも
何の意味もない!
絶対に、基礎から学んだ方がいい!
私の師匠を紹介しちゃる!」




と、男気(笑)たっぷりに
髙橋ひとよ先生に
バトンを繋げてくれました



学び始めは、正直、
ヨガを教える資格=基礎コース100時間
だけで、十分だと思っていました


だけれども
学べば学ぶほど、ヨガの学びは
100時間でも、200時間でも、
全然終わらないぞ、、、
ってことに気付いてしまって(笑)


せっかく学び続けるならば
履歴書にかける国際資格を取ろう、と
舵を切ったのでした

※結局なににも所属していないので
 履歴書を書く必要もないのですが(笑)










東京や福岡などの主要都市では
既に、RYT200と言う資格が
一定の地位を確立していて
必須となっているオーディションも存在します。




※そうそう!
 都会のジムのインストラクターって
 オーディションで
 選ばれてるって知ってますか!?
 大人気YouTuberの
 竹脇まりなさんですら
 東京では落ちまくったそうです、、





山口県ではまだまだ
この資格が浸透していないのが現状💡


でも、5年後、10年後の
未来はどうでしょうか?




学んだ証である「資格」は
たとえあなたが

何者になったとしても
ならなかったとしても

あなたの手元からは無くなりません



もっと言うとね、
会社員でも、公務員でも、
学ぶことも、資格を持つことも
自由なんです💖✨





私がヨガを学んだ
ラウレアのヨガ養成講座は
ヨガを学ぶだけじゃなかった…


一緒に学んだ同期とは
年齢や住んでいるところも
バラバラでも
ずっと家族みたいに繋がれる
心友になった❤️



たくさんの時間をかけて
ヨガを学んだ時間は確実に
あなたの「未来」を創り
支えてくれる大切な
人生のピースになってくれます



私は、今回、実技講座の
アシスタント講師として
ヨガ養成講座に関わらせて頂き

たくさんの学びを
受講生の皆さんと共有できることを
楽しみにしています





一緒に、ヨガの本質を伝えられる
インストラクターになりましょう!

ファッション化された
ヨガのイメージを持っているお客様にも
心に寄り添うヨガを届けましょう!










笑われても、叩かれても、
私は私を諦めない…💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA